宛名の書き方 縦書きレイアウト

宛名の書き方 縦書きレイアウト

MENU

宛名の書き方 縦書きレイアウト

【縦書き】ハガキや封筒の宛名書きの書き方、法人・個人、特に結婚式など、毛筆で宛名を書く方法を洋型1号の封筒を例に解説します。

 

宛名書きの基本 縦書きレイアウト

 

横書きの宛名書きが多くなってきたとは言え、やはり宛名書きの基本は縦書きです。筆耕コムへのご依頼は、個人のお客様は横書きが多く、法人のお客様は縦書きが多い傾向となっています。

 

郵便はがきや年賀状は縦書き、正式な封書等は縦書きが多いですよね。そもそも日本語は、縦書きを想定して形成されているので、縦書きが基本となる事は自然な流れなのだと思います。

 

それでは、そんな宛名書きの基本、縦書きのレイアウトについて考えていきます。

 

宛名書きの基本 縦書きレイアウト

 

縦書きの宛名書きの基本

 

封筒の開口部

 

開口部は一般的に上側です。本当にごくわずかですが、上側以外の開口部の場合があります。その時は左側が開口部となっています。

 

 

切手の位置

 

切手を貼る位置は左上です。横書きの宛名書きは切手の位置を間違える例がよくありますが、郵便ハガキや年賀状などで目にする機会が多いと思うので、あまり間違える事は無いと思います。

 

 

パーツの位置

 

記述する位置ですが、右上が【郵便番号】、一段下右から【住所】【会社・団体】【部・課】【名前】【連名】となります。細かいパーツの解説は、レイアウトごとのページで解説していきます。