宛名書きを毛筆で書くための方法を解説

宛名の書き方

MENU

宛名書き方 毛筆 見本

 

封筒やはがきの宛名を毛筆手書きで書く人の為の書き方を公開♪結婚式の招待状、法人・行政・会社向けの招待状など、縦書きと横書きを解説します。

 

 

毛筆宛名書きに挑戦

 

僕が運営する筆耕コムで最も多いご依頼は『結婚式招待状の宛名書き』です。宛名は墨と筆、毛筆で書きます。毛筆は一般的にはなじみが少ないと思いますが、やはり毛筆で書かれた宛名は、一味もふた味も違います。

 

では、宛名書きは毛筆で書かなければいけないのかというと、決してそんな事はありません。万年筆は上品な雰囲気が出ますし、ボールペンでも丁寧に書けばとても綺麗な宛名になります。

 

毛筆に近い文字なら、筆ペンもあります。最もポピュラーなペンテルの筆ペンなら、先が”ゴム”ではなく”人口毛”になっているので、とても書き味よく、書き上がりもとてもきれいです。通常の筆と墨で書いた場合と、そんなに遜色は出ません。

 

筆と墨は中々一般的とは言えませんが、筆ペンであれば簡単に手に入りますし、準備に手間もかかりません。もし、筆文字に興味があるなら、筆ペンに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

もし、結婚式招待状の宛名が筆文字で書かれていたら、ワンランク上の上品さが出て、頂いた方はとても喜んでくれると思います。

 

宛名書きのポイント

 

誤字脱字に気を付ける

 

実は、宛名書きで最も大切な事は誤字・脱字を出さないという事です。特にお名前に関しては間違えないようにします。住所の一部が誤字の場合と、お名前の一文字が誤字の場合、重大さは全く異なります。

 

お名前で間違えやすいのが、旧字体や特殊文字等です。難しい漢字などは、かえって気を付けて書くので間違えが少ないモノです。しかし、旧字体等は少ししか違わない場合が多いため、うっかりと間違えてしまう事があります。

 

真っ直ぐに書く

 

縦書きでも横書きでも、真っ直ぐに書くのは難しい事です。住所も名前も真っ直ぐに書くように心掛けます。できることなら、下書きの線を入れておくと確実です。

 

文字の大きさを工夫する

 

宛名書きで最も重要なパーツはお名前です。文字の大きさもお名前が最も大きくなります。あとは、重要度によって文字の大きさが決まります。宛名書きは、文字の大きさを工夫すると美しくなります。

 

ワンランク上になると、名前の中、住所の中で、文字の大きさに変化を付け工夫していきます。基本は、【漢字=大】【ひらがな=小】ですが、漢字のなかでも大小変化を付けると、更に美しくなります。